トップページ > 密教法具 > 羯磨、剣


密教法具販売 - 十字羯磨(かつま)


事業成就の象徴とされています


46944-密教法具「十字羯磨(かつま)」


三鈷杵(さんこしょ)を十字に組み合わせた密教法具です。表面は鍍金にて仕上げられ、金ならではの光沢を持ちます。魔除けのお守りとして、美術品として、もちろん密教法具としても、お求めになれる商品です。

■サイズ:157mm
■仕上げ:銅造鍍金


税込価格:¥30,240

(本体価格:¥28,000)


- ただいま品切れ中です -


お問い合わせ

解説:羯磨(かつま)


■羯磨(かつま)は、三鈷杵が十字に組み合わされた形の法具で、「羯磨台」と呼ばれる台に乗せて修法壇(しゅほうだん)の四方に置かれます。
■事業成就を象徴するといわれる羯磨(かつま)は、「カルマ=業」の音訳であるといわれています。


46944-密教法具「十字羯磨(かつま)」

この密教法具はすべて手作りで作られているため、実物と商品写真によっては、デザイン・色合い等が若干異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。


拡大表示

密教の儀式に使う法具であるため、手に握るに充分な大きさであり、金属ならではの重量感を感じます。

拡大表示

【鈷の付け根部分】
付け根部分には蓮華(れんげ)の細工が施されています。蓮華は清らかな仏の境地を象徴します。

拡大表示

【先端部分】
密教法具は、もともとインドの武器であったものが、仏教に取り入れられたため、その先端には武器であった頃の鋭さを残しています。



※密教法具:商品一覧





- 密教法具 TOP -